カテゴリ 神経系の健康

症状脊髄空洞症
神経系の健康

症状脊髄空洞症

関連記事:脊髄空洞症 定義 Sirigomyeliaは、脊髄の中央部に嚢胞または巣が形成されることを特徴とする神経障害です。 これらの髄内病変は一般に脳脊髄液と同様に透明な液を含んでいる。 脊髄脊髄嚢胞は非常に様々な形や大きさを持っていますが、長期的には、それらの存在は神経組織を伸ばすので、脊髄に損傷を与えます。 この疾患は既知の原因(二次性脊髄空洞症)に由来することがあり、ほとんどの場合、キアリ奇形(脊柱管内の小脳組織のヘルニアからなる)として知られる頭頸部接合部の先天異常に関連しています)、または脳症(例:脳ヘルニアおよび二分脊椎)。 それ故、それは骨髄発生の異常であり、そしてこの先天的基礎で、後天的要因、例えば脊髄外傷、感染症、循環器疾患、髄様腫瘍および部分的に酒の流れを妨げる他の病変が起こるかもしれないことは可能である。 まれに、既知の素因(原発性脊髄空洞症)はありません。 脊髄空洞症は一般的に頸部に発生しますが、ほぼ全体の脊髄に沿って下方に伸びることがあります。 一方、シリンゴブルビアはよりまれな状態で、通常は脳幹の下部に位置する裂け目(ひび)として発生し、下部脳神経を遮断または圧迫したり、上昇または運動感覚経路を下降させることができます。 疾患の重症度は、脊髄内の位置と脊髄空洞の程度によって異なります。 したがって、各患者は異なる組み合わせの症状および極めて多様な臨床像を

続きを読みます
神経系の健康

異常感覚

感覚異常とは何ですか 消化不良 はギリシャ語の単語「dis」に由来する名詞であり、これは「異常」および「審美」を意味し、「感覚」を意味します。 感覚異常の意味は「異常な感覚」です。 それはしばしば顕著な不快感を特徴とする触覚の異常です。 それはしばしば、不適切または不快として定義され、濡れ、かゆみ、感電、およびチクチクすると表現される、自発的または誘発的な痛みおよび/または感情を引き起こす。 知覚異常は、末梢神経系および中枢神経系の両方の神経系に影響を及ぼす病変によって引き起こされる。 様々な形態の知覚異常が、口、頭皮、皮膚および脚の最も頻繁なものを含むあらゆる身体部位の組織に影響を及ぼし得る。 場合によっては、それは皮下の酸感覚として説明されています。 この散漫な燃焼は、シナプスと神経周囲腔のアシドーシスの状態を明確に反映している可能性があります。 偶然ではないが、いくつかの神経損傷の存在下では、pHの低下と共に、特定のイオンチャネルが開く傾向がある。 疼痛受容体の自発的放電もまた、感覚異常の潜在的原因として関係している。 感覚異常のある患者は、皮膚や組織に明らかな損傷を与えないと痛みを感じることができなくなる可能性があります。 心理的障害に苦しむ人もいます。 感覚異常との暮らし 感覚異常に苦しんでいる患者は非常に痛みを伴う状態に耐えなければならないかもしれません。 焼けることによ
続きを読みます
神経系の健康

割れ目

割れ目とは何ですか? Schisi は SPACE と同義 です。 裂け目では、遺伝的に決定されるか、そうでなければなじみの影響を受ける組織亀裂のタイプを示すのが普通です。 胚発生中、割れの影響を受けたものは、2つの組織頭部の融合がないために中断および/または不完全に見える1つまたは複数の領域またはセグメントの連続性に達しない。 割れ目の種類 簡単に言えば、裂け目は関係する地域によって異なる一種の奇形です。 裂け目の最も一般的な形式は次のとおりです。 口唇裂 または 口唇裂 :より一般的に口唇裂と呼ばれる。 それは口の上部と鼻の下部の間のひびです。 Cheiloschisisは軽度の場合もあり、唇の軟部組織のみに影響を与える場合もあれば、より深刻で鼻腔および/または歯の骨/軟骨床に影響を及ぼす場合もあります。 重症のCheiloschisisはボーラスまたはその残留物の気道への通過を伴う嚥下の合併症を引き起こし、気管支肺炎のリスクを増加させる(特に乳児や幼児)。 口唇裂の治療は外科的なものであり、単純な顔面プラスチックから生後1〜2か月後の実際の顎顔面手術までの範囲です。 口蓋裂:それは口蓋の奇形です。 それは硬口蓋の前部の間隔として現れ、しばしば口唇裂と関連している。 最も深刻な形では、全体の軟口蓋、口蓋庫、口蓋の肺胞部分および口蓋垂自体が危険にさらされます。 口蓋裂は、消化ボーラ
続きを読みます
神経系の健康

失語症の要約:失語症の要約

失語症のまとめ 失語症の要約表を読むためにページをスクロールしなさい。 失語症 失語症:言語障害、通常は脳の病状による。 失語症は言葉と言葉の表現の両方を理解し使用する能力の変化を識別する 失語症:発生率 イタリアの失語症患者15万人 左半球の脳卒中患者の40%が罹患している 毎年2万件の新しい症例 失語症:その用語の語源と意味 文字通りの翻訳 :失語症はギリシア語、 ミューチズムを 意味するから派生した 意味 :失語症患者とは、必ずしも「話すことのない人」だけでなく、「話す能力を持たずに話す人」のことです。 失語症:概要 失語症はコミュニケーションの複数の側面に影響を及ぼします: ワードプロダクション 単語の構造化 言語の理解 言葉の繰り返し 単語や句を繰り返す能力 概念を表現する能力、話す能力、または書く能力 失語症:原因 ストローク(ストローク) 頭部外傷 多発性硬化症 アルツハイマー病 脳血管 血管損傷 出血または虚血 一過性虚血 脳梗塞 脳炎と感染症 部分てんかん発作 コミック片頭痛 脳腫瘍 失語症:失語症に関連する疾患 構音障害 失行 片麻痺 片麻痺 健忘症 半盲 意識喪失に関連したてんかん発作 動きの変化 失語症:協会 ALIAS、1996年頃イタリア生まれ フェデレーションA.IT.A、イタリア失語症者協会の頭字語 協会の一般的な目的 :情報を提供し、意識を高め、住民
続きを読みます
神経系の健康

失語症:治療

失語症:治療可能な病気? 幸いなことに、失語症は多くの患者にとって治癒可能な疾患です。しかし、以前の記事で見たように、言語障害は多くの面を通して起こり得るので、各個人は治療に対して主観的な方法で反応します。 結果として、失語症からの治癒のタイミングを正確に推定することは不可能である:治療サイクルの期間は、対象、患者の年齢、失語症を引き起こした原因および選択された治療選択肢に依存する。 この最後の記事は、運動失調症患者がこの疾患と穏やかな方法で共存するのを助けるために作成された、主なガイドラインに従った運動失調症治療の治療を目的としています。 治します 推測されるように、ほとんどの運動失調症は入院しています、運動失調それ自体のせいではなく、むしろそれを引き起こした原因のせいで(例:脳卒中や脳損傷)。 退院後、失語症患者はさらなる治療を必要とし、それは数週間、数ヶ月またはさらに重症度の場合には数年間続くことがある。 失語症のほとんどにおいて、運動失調症患者は、脳損傷直後の治療の最初の3ヶ月の間により速く治癒する。 失語症は、失語症の症状を修正または回復することを目的とした、 言語療法の サイクルを受けます。 症状の改善または疾患からの完全な回復の希望は、特定のリハビリ施設へのアクセスの可能性にもよります。 失語症患者は、ターゲットを絞った コミュニケーションリハビリテーション を通して治
続きを読みます
神経系の健康

無意味な手短に:agnosiaのまとめ

無知症:要約 ページを下にスクロールして、agnosiaの要約表を読みます。 失認 感覚的、触覚的、視覚的および/または音響的性質の感覚的知覚:対象は所与の対象物、香料、形態、人または実体を認識および識別することができない。 無知:その用語の語源 agnosiaという用語は、ギリシャ語の a-gnosis に由来し ます 。 無知:原因 無知は脳損傷に直接関係している アグノシア・アペルセッティバ 患者の知覚機能の障害: 形質転換性失語症 形態による無知 統合アグノシア 連想無知 患者は与えられた物に意味を関連付けることができません、それゆえこれは認識されていません:物を認識できない、その名前を覚えていない、正しい使い方 視覚失語症 視覚能力が損なわれたり損傷を受けたりすることはありませんが、いくつかの物体を認識することは不可能です。 相貌失認 地形アグノシア 色の無関心 聴覚または聴診 多かれ少なかれ強度の音や雑音を認識することは不可能 触覚異常(ステレオアグノジー) 触っても物体を認識できない: Amorfognosia 触覚による象徴 Ailognosia 視空間的無知 空間情報を完全に処理する際の明らかな問題 デジタル失語症 自分の手を識別、区別、または命名できない 一方的な空間無視 被験者は彼を取り囲む空間の一部を識別できません 無知:診断 目的: 患者への視覚的および/ま
続きを読みます
神経系の健康

失語症

失語症:定義 「失語症」という用語は、通常は脳の病理学に起因する、異質で多様な形の言語障害を含む。一般に、失語症は、単語と言葉の表現の両方を理解し使用する能力の変化を意味する。 言い換えれば、失語症患者は自分の考えを言葉に変えることができません。 失語症は、愚か者または認知症と見なされるべきではありません。失語症によって引き起こされる病変は、患者の知性も、感覚や感情を感じる能力も変えません。 失語症:発生率 残念なことに、失語症はわが国ではかなりありふれた疾患です。実際、医学統計によると、イタリアで失語症を持つ約15万人の患者が報告されています。 失語症は、小児および成人ではまれであるため、老年期の障害と見なすことができます。これは、左半球脳卒中患者の40%、皮質中心を含む脳の軌跡に影響を及ぼします(95%の被験者)。右利きおよび左利きの人々の60%)[www.msd-italia.itより]。 心配していることは、失語症患者が年々増加しているように見えるという事実です:実際、毎年、およそ2万人の新しいケースが発生します。 用語の意味 失語症という用語はギリシャ語の α'φασία から派生した もので、 これは ミューチズム を意味します:文字通りの翻訳は 完全な勃起 不全を示していますが、失語症はもちろんのこと無論 より正確には、失語症患者は常に「話さない人」として定義さ
続きを読みます
神経系の健康

失語症:分類

失語症:定義 失語症は、基本的には単語の構音と理解に関連する、言語障害に関する章のタイトルです。それは後天性障害です。つまり、言語を調整する脳半球に関連するトラウマの結果です。 序論の記事では失語症の全体像を分析しました:この議論では失語症の様々な形が調べられるでしょう。 一般分類 失語症形は多様であり、そしてスピーチの質/頻度、およびその結果としての症状の特徴に基づいて区別される。 AFASIE FLUENTI 時々、流れる失語症は非常に軽いので影響を受けた患者は彼自身の言語欠陥を理解しません:実際には、イントネーション、リズム、アクセントと文の持続時間はほとんど正常です。 流暢な失語症を特徴付けるものは、完全に生産的なスピーチではありません:実際には、影響を受けた被験者は毎分約20語しか実行できません。 さらに、彼らの言葉は完全な意味を欠いていて、一つの言葉を他の言葉にリンクさせるリンクを欠いていることが多い。 そのような状況では、私たちは 空の言葉 を話し ます 。 言い換えると、流暢な失語症は次のように分類されます。 伝導 失調症 または反復 失語症:失語症者は模倣によって言葉を繰り返すことを試みるが、彼は言葉を繰り返すことにおいて深刻な困難を提示する。 しかし、理解は妥協されません。 失語症(名義健忘または健忘失語) :意図的に物に名前を付けることができない。 この場合、失
続きを読みます
神経系の健康

失認

無知の定義 記憶障害および感覚系病変がない場合、無読症は感覚的識別的性質の触覚的、視覚的および/または聴覚的知覚である。 簡単に言えば、対象の知覚能力を変えずに、対象が与えられた対象、香水、形、人または実体を認識および識別することができないとき、私たちは無関心について話す。 アグノシアという用語はギリシャ語 の無 顎症から派生したもので、文字通り 知らないことを 意味します。 感覚系: 受容体から情報を受信して​​CNSに送信する機能を持っています。 感覚系は、運動制御、知覚、警戒状態の維持および内臓の正しい機能の調節の機能を保存する。 原因 大多数の場合、失語症は脳損傷に直接関係しています。外傷の重症度に応じて、失読症は多かれ少なかれ重症度になります。 驚くことではないが、実際には、私達は無知症の病巣の 起源 について話す:影響を受けた敏感さのタイプに基づいて、無知症は異なる名前によって特徴付けられる。 分類 上述したように、この疾患はそれらのうちの1つまたはすべてを攻撃する可能性があるため、単一形態のagnosiaは存在しない。 最初の一般分類では、知覚形式と連想形式を区別します。 食欲不振 :患者の知覚機能のみが危険にさらされます。 その特定の対象は、与えられた モダリティ (視覚的、触覚的、音響的)によると、知覚データの処理に関する欠陥のために正確にはよく認識されていない。
続きを読みます
神経系の健康

解離性健忘症

一般性 解離性健忘症 は、回顧的 記憶の喪失を 特徴とする障害であり、身体的および感情的観点からの邪魔な出来事に関連しています。 この症状は、精神的バランスを守るために無意識のうちに実行されている防御メカニズムを表しています。 誘因となる出来事の中には、直接的な被害を受けたまたは目撃された 外傷的または非常にストレスの多い 経験(性的虐待、殺人、自然災害、放棄、金銭的問題など)および深刻な内部紛争(犯罪行為を犯した罪)。 実際には、解離性健忘症とは、意識的な記憶喪失を回避しながら、精神的プロセス(通常は統合されている)によって一部の要素が「切断」されること(つまり経験した否定的な経験)を可能にする反応です。 したがって、忘れられた情報は意識、記憶または知覚にアクセスできないかもしれないが、それらは行動に影響を与え続け、フラッシュバックおよび生理学的な活動亢進の「原因不明の」状態を引き起こす。 解離性健忘症は、通常の物忘れによるものではありません。 診断は既往歴に基づいており、健忘症の他の原因(頭部外傷、神経障害など)を除外した後に策定されます。 治療は、時には催眠術または患者との相互作用を容易にし、問題に直面するように彼を刺激するいくつかの薬に関連して、心理療法によって表されます。 何 解離性健忘症は重要な自伝的情報 を覚えていないことであり 、しばしば外傷性または非常にストレスのか
続きを読みます
神経系の健康

失行

失行症とは何ですか? 運動性または感覚性の初歩的な神経障害がない場合、被験者が自発的な運動を行うことが明らかに困難であるか不可能であることを示す場合、 失行 症について話す。 より正確には、失行症は、計画および運動プログラミングの両方の観点から、運動障害に直接関連する神経心理学的障害である。言い換えれば、失行症患者は正確なジェスチャ( 意味のある運動 )を実行できないおよび/または無意味な自発的な動き。 それは指摘されるべきである:失行症は正確に運動の単純な調整不良を表現するのではなく、むしろ自発的運動の作成と計画に対する制御の欠如を表現する。 失行症を患っているほとんどの患者は自分の病気を知らない。私たちはアノソグノシア、患者自身の神経心理学的欠陥を認識できないことについて話す。 失行の意味 失語症 という用語はギリシャ語の a-praxia から派生したもので、接頭辞 a- は否定を示し、接尾辞 –praxìa はする ことを 意味し ます (文字通りしていない、できないこと)。 1870年代の初めに、医師Steinthalは最初にこの用語を作り出しましたが、何よりも失語症症候群と相関する間違った文脈でそれを挿入しました。 一世紀後、別の科学者がその用語を正しく再評価しました。それは現在の意味を持っていました: 自発的な運動を実行および/または制御することの不可能 。 原因 失行
続きを読みます